2016.09.26

恋するハネムーン!(シンガポール・到着編)

Dscf0660s_3
(↑クリック!)

恋するハネムーン!(シンガポール編)

何年前のことを書いているのか分かりませんが(^^;
モルディブからシンガポールに到着です!

このハネムーン、モルディブのフリーツアーがベースに
なっているのですが、直行便がないためスリランカか
シンガポールのどちらかを経由する必要がありました。
しかも往復同じルートである必要あり。

スリランカってたぶんこれからの人生で行くことないだろうし、
なんか謎の国って感じがしませんか?
魅惑のスパイスが僕の心を誘うような感じもします。

というわけで、精神的にはスリランカに傾いていたのです。
しかーし!この時のシンガポールにはとっても魅力的な
オプションが用意されていたのです。
なんと『マリーナベイサンズ』に泊まれるというのです!!

この旅行のちょうど半年前、SMAPが出演するソフトバンクのCMの
舞台になって超人気となり、なかなか予約が取れないと
言われていたあのホテルです。(ちょっと大げさかも)

夫婦そろってミーハーなもので、あっさりシンガポール経由に
決定していたこともあり、ある意味モルディブと同じくらい
プライオリティが高い場所・時間となりました。

というわけで、まずはホテル『マリーナベイサンズ』にチェックイン。

E3082108s

さすがに超人気(だった)ホテルだけであって大変な込み具合っ!
お部屋はこんな感じでなかなかGood♪

E3082217s

※この部屋でこの旅最大?のアクシデントが起こるとは・・・それは後ほど。

さ、時間がもったいないので早速観光に出かけます。
まずはド定番のこちらから!

Dscf0495s

いいですねー、やはり!これでこそシンガポールって感じ♪
今日も元気に噴き出しております(笑)
(この数年後に工事が始まったようですねー)

ここからでっかい観覧車?に乗って~
National Orchid Garden(植物園)に行って~

金ピカの寺院を見て~
E3082170s

街中をウロチョロして~
Dscf0513s

E3082176s

としているうちにすっかり夜に。

夜になると一気にアジア有数の観光地・繁華街の様相が色濃くなります!

ザ・マリーナベイサンズ!!!
よくもまぁこんなの造ったなぁ~と正直関心しました(笑)
Dscf0558s


ホテルの部屋からの夜景。(相当な枚数撮ってようやく満足)
E3092234s


夜もドドーッといっちゃってるマーくん。
E3092362s


街も超にぎやか♪
Dscf0663s

マリーナベイサンズの裏(表?)の湾では光と水と映像のショーが
1時間くらいやっていました。
人類の進化や世界平和?のような内容でなかなか感動的☆
多くの人が拍手喝采してました。

(↓クリック!)
Dscf0547s_2

こうしてハネムーン最後の夜が過ぎていったのでした~♪
(この日は大きなアクシデントはなくて良かった(^^)v)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.01.25

恋するハネムーン!(ファイナル・モルディブ編)

Dscf0404s

モルディブ最後の日、いよいよ非日常のリゾートデイズともお別れです。

この日は少々天気が悪かったのですが、
どうにか雨も降らずに持ちこたえてくれて
感謝感謝の数日間でした♪

E3051910s

Dscf0263s

美味しいごはんを頂いて、荷物をまとめて水上飛行機の出発場所に
向かいましたが、なんか見慣れないロゴが・・・

なんと自分たちが滞在している間にホテルのリゾートの経営者が
変わったみたいで、名前が変わってました。
こんなことってあるんですねー、ビックリ(+_+)
ま、でもサービスはとても良かったです♪

Dscf0426s

というわけで、水上飛行機は曇り空の旧ディーバモルディブを後にして
首都・マーレに向かったのでした。

ここで面白いモノを発見!!
飛行機の座席に備え付けの安全マニュアルみたいなのがありますよね?
この水上飛行機にもこんなのが入ってました。

Dscf0447s

ま、言語こそ違えど、何を言いたいかは大体わかりますよね。
でイラストを見ていたらなんだかカワイイやつを発見!!

Dscf0447s2

飛行機が危険な状態で乗客みんなが緊急の体制を取っている中、
お母さんの中でニッコリほほ笑む赤ちゃんがいるじゃないですか(笑)
ずいぶん余裕をかましてるけど、お母さんがいるから安心かな、やっぱり♪
なんだか微笑ましくなりました、イイ絵ですよね、コレ(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

恋するハネムーン!(ホテルアクティビティ編)

Dscf0247s

さて、何年モルディブにいるのでしょう?(笑)
そろそろ帰国せねば!ということでブログを更新したいと思います。

ジンベイザメ・クルージングで体調を崩して1日を棒に振ったヨメを後目に
シュノーケリングでマンタにもあえて大満足気分だった僕ですが、
実はその後にまたアクシデントが待ってました・・・・

部屋に戻ってグッタリしているヨメを気遣いながら、
自分も足元がフラフラしていることに気付きました。
何が原因??と考えてみると・・・あ、メガネかけてなかった(^^;
ということでクルージングに持って行ったバッグの中を見ましたがメガネがない!?!
あろうことか、メガネを紛失してしまいました。。

人生でメガネを無くすことなんてほとんどの方がないと思いますし、
自分も初の経験でしたが、どんどん日が暮れて見えなくなってくるし、
異様にストレスも溜まりました・・・

Dscf0343s
(その晩はキャンドルライトの明かりを灯した砂浜で食べる
 スペシャルディナーだったのですが、まぁ、ぜんぜん見えなくて
 しんどかったです~(泣))

結局夜寝る前?に想定外の場所から発見されて安堵しましたが、
二人そろって疲れ果てて眠りについたのでした・・・・

E3062066s


さて、翌日は気を取り直してリゾートを再度満喫です♪

Dscf0239s

まずはスパでマッサージです!
もちろんこれは自分じゃなくてヨメのオーダー。
でも以前バリ島のマヤ・ウブドで体験したマッサージが良かったので
今回も同行いたしました☆

http://dive-snow.air-nifty.com/koimaru/2007/06/post_14bb.html

そのあとはプールで泳いでカフェでカクテル飲んで、
海でシュノーケリングしてまた飲んで・・・
モルディブって島それぞれに独立したリゾートで過ごすことになるので
やることって言ったら泳ぐ・飲む・食べる・ダラダラするって
感じになるわけですね(^^;

E3062030s

Dscf0267s

Dscf0414s

Dscf0260s

Dscf0381s

普段の土日はダラダラしているくせに、
旅行に出たとたん何かやらなきゃもったいない!とか
思ってしまう僕はまだまだ旅の初級者だなぁと感じました(笑)

E3051971s
(ハハハ、やっぱなんかうれしいもんですね♪)

そんなわけで、最もあこがれたモルディブを満喫したのでした~☆

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
と・・・終わりたいところですが、ここでモルディブ最後のアクシデントが。

夜になり、さぁメガネをかけて夕食に・・・メガネ?あれ?どこだっけ?!
確かプールで泳いだ時に・・ない!またなくなった~!?!?!!
というわけで、再度メガネを無くしてしまったのです。。。。

これにはヨメもあきれ果て、またどこかに適当に置いたんでしょ?的な
応対でしたが、どんなに探しても出てきませんでした(泣)

最終的には

『あのメガネの材料はきっとモルディブ産で、紆余曲折の末に
 やっと生まれ故郷に帰って来れたんだね。
 もう日本には戻りたくなったのだろうから、サヨナラしよう』

と解釈することで諦めたのでした。。。

今までの海外旅行でモノをなくしたことなんてなかったのに
よりによって、身に着けるメガネをなくすなんて・・・
こういうところからケチがついて『成田離婚』とかに発展するのかなぁと
南国のリゾートで寒気を感じながら最終日の晩を迎えたのでした。

次回はモルディブを飛び立ち、シンガポールへ入ります!!
当時大人気(今も?)のあのホテルに宿泊です!!
(安心してください、まだアクシデントもありますよ(^^)v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.12

恋するハネムーン!(ターコイズブルー編)

E3051964s

あいかわらずバタバタしていて全然更新できていませんが
更新しようという意思はあるんです(^^;

というわけで、モルジブ旅行記(新婚旅行)の続きです♪
引き続きお付き合いください。

2日目からはリゾート満喫です!
(元)ダイバーの自分にとってはモルジブはいわば聖地!!
なんなら全日程ALLダイビングでもOKなんですが、
ヨメがまさかの鼻炎?持ち。
というわけで耳抜き(鼻をつまんでフンってやるアレですね)が
全然できないから無理だ、とのご意見。

E3051899s

まぁ、この旅行の計画段階からなんとなく分かってましたが、
現地に来てキレイな海を見たら気持ちが変わるかなー、なんて
ちょっと期待してたんだけど、全然ブレない。
芯のしっかりした奥様です。(褒めてるんですよ、もちろん♪)

しかしジンベイザメ探しのクルージングならOKということなので
ありがたや、ありがたやと感謝してエントリーしました☆

Dscf0145s

さて、船が出発して僕は一気にテンションがアップしたのですが
思ったより揺れがキツかったらしく、ヨメは言葉数が少なくなり
不安そうにするので、一生懸命気を紛らわす会話をしつつ、
船はジンベイを探し続けました。

E3051927s
(信じられないようなエメラルド・ターコイズブルー!!!)

1時間ほど探し回りましたが、結局ジンベイには遭遇できず。
それでもダイビングにガンガン行っていた関東在住の頃を思い出すような
とても楽しいクルージングでした。やっぱり海って最高だ!

で、せっかくの超キレイな海なのでシュノーケリングしましょう!
という船のクルー」の計らいがあり、参加者30名?の多くが
海に飛び込みました。

E3051954s

で、うちのヨメは若干の船酔いで疲れていましたが
せっかくだから入ろうよ!という僕の誘いに乗ってくれて
シュノーケルグッズを装着して海に飛び込みました。
(ヨメは海やプールが元々好きで泳ぎ自体も得意なので安心です☆)

初めて見るモルディブの水中はやっぱりGreat!!
むぅ~、これが聖地の海かぁ~、来て良かった☆
と自分一人で感動しまくりました。

Dscf0157s

と、ヨメはどうしてるかな?と周囲を見渡すと
プカプカ浮かんで水中を見ていたので近づくと
「キレイだね~・・」とは言うものの明らかに体調が悪そう。。
そこで「大丈夫?何なら船に戻ろ・・・」と声をかけた次の瞬間、
朝食と前日の夕食?を一気にリバースをしちゃいました(泣)

せっかくの新婚旅行のこんなキレイな海で体調を崩してしまい、
グッタリ顔のヨメさんを本当にかわいそうに思いながらも、
周りにいる魚の群れが一斉にヨメの真下の
豪華な撒き餌に集まってくるその明暗?の対比が妙に面白くて
ちょっとだけ笑いが出てしまいました。(ゴメンよ!)

Dscf0161s
(ムレハタタテダイもびっくり?(よく集まってきたのはアカモンガラでした))

ヨメは「ごめん、私もう船に戻るわ。○○君(俺)は楽しんできて・・・」と
言いながら船に向かって泳ごうとしたので、一緒に船まで戻りましたが、
その途中でのヨメのつぶやきが今回の旅で一番印象に残るコメントでした。

今回のMVPコメント : 『私、これで海のことが嫌いになりそうだわ・・・』

あんまり雰囲気が伝わらないと思いますが、
疲れ切った顔でボソッと吐き捨てるように言った瞬間のことは
きっと一生忘れないと思います。(笑)

そこからはヨメのご厚意?に甘えまして、再度海に飛び込んで
シュノーケリングを楽しんでいたのですが、ほんの2分後に
まさかのドッキリに遭遇しました!!

Dscf0172s

そう、マンタが現れたのです!!!しかも2匹。
この場所はおそらく彼らの生活ルーティンで必ず訪れる
場所なんでしょう。
我々の船から飛び込んだシュノーケラーが10名弱いましたが
特に逃げる様子もなく、グルグル旋回するかたちで
居続けてくれました。
コレをヨメと一緒に見れたら最高だったのにぃ~!

トータル5分程度だったかもしれませんが、非常に貴重な
体験ができて本当に大満足でした♪
船に戻ったらヨメさんは「○○君が楽しんでくれたなら良かったよ」と
ゲッソリした笑顔で優しい言葉を掛けてくれました。
一人だけ楽しんで申し訳なかったなぁと思いながらも、
これからは俺がしっかりコイツを守ってやらんとなーと
気持ちを新たにした瞬間でした☆(ホントですよ)

というわけで、少々長くなってしまったので
続きは次回(いつ書くのだろう?)にしたいと思います。
また!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.23

恋するハネムーン!(リゾート到着編)

E3041842s

さて、ようやく本日からリゾート的な話をすることができます♪

まずはフルレ島からリゾートがある島へ水上飛行機で向かいます!
がその前に。

2007年にクロアチアを一人旅した時以来、海外旅行の際は
必ず持って行くお気に入りの本として『旅の指さし会話帳』という
ものがあります。

http://dive-snow.air-nifty.com/koimaru/2007/06/post_080e.html
(クロアチア旅行の時のブログです)

http://www.yubisashi.com/books/detail.asp?id=866
(これが指さし会話帳)

やっぱり旅行に行ったら現地の人と現地の言葉で
少しだけコミュニケーションを取ってみたい派?なのですが
本に書いてあるカタカナを読みながら現地の方とあーだこーだと
話すのはなかなか楽しいものです。

で、モルディブの現地語は『ディヴェヒ語』という聞いたこともない言葉。
こりゃー本の使いどころ満載やなーと思ってカバンの中を探しますが・・・
あれ?ない!どこにもない!!がーん、絶対飛行機の中に忘れてきたっ!!
またやってしまった~(x_x;)
というわけでシンガポール航空にも電話して探してもらったけど見つからず。
2、3ページしか読んでないのにアッサリ無くしてしまいました。。。
今までの海外旅行ではモノを無くしたことなんてないのに、、
朝っぱらからヨメに呆れられながらホテルをチェックアウトしました。
(まだまだアクシデントは続きます・・・)

E3041782s

ヘコみつつ空港に到着しましたが、昨晩とは違って光り輝く超さわやかな
雰囲気で一気に気分も晴れやかになりました☆(←懲りない性格)

Dscf0098s

我々が乗るのはこちらの水上飛行機。
かなりの数が停泊していて各リゾート島へ飛び立っていきます。

E3041802s

初の水上飛行機でしたが、さすがに中は狭い。
ひしめき合って、ある意味運命共同体的な感じ(^^;

E3041797s
(モルディブといえばこの景色!たくさんの環礁から成り立っています)

45分くらいのフライトを終えて、無事到着しました。
お世話になるリゾートは『ディーヴァ・モルディブ(DIVA MALDIVES)』です。

E3041828s
(南のリゾート特有のゆったりとした雰囲気♪)

E3041827s

長年憧れていたモルディブ!
きっと来ることはできないだろうと思っていたモルディブ!!
ついに来ちゃいましたよ~(^^)/

E3041822s

Dscf0133s

海はやはり輝くブルー!
元々こちらのリゾートは『ホワイトサンズ』という名の
白砂が有名なホテルだったこともあり、砂浜がすごいキレイです☆

E3041869s

そしてお部屋はハネムーンらくし水上コテージをセレクトしました。
広くて清潔で明るくて超快適です!!!

E3041873s
(ハネムーンらしくデコレーションされてます♪)

まずは初日ということでゆっくり施設内を散策してみました。

Dscf0124s

リゾート内なこのバギーが周回していて随時ピックアップしてくれます。
また島内のあちこちに駐輪場?があり無料の自転車が置いてあります。

Dscf0125s

昼食はバイキング形式。
この後何度も食べますが、さすがに本場のカレーは超美味かったです!!!
特にフィッシュカレーが気に入りました。

E3041885s

海に静かに沈む大きな夕日を見て~

E3051894s

まったりゆっくり夕食を食べて~

この後は翌日に備えて爆睡しました~。
次回からはアクティビティについてご紹介します!乞うご期待☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.11

恋するハネムーン!(トランジット&到着編)

出発編からかなり経ってしまいましたが
気を取り直して第2話に進みたいと思います☆

中継地であるシンガポールまでの飛行機では
ワインやらビールやら二人そろって思う存分飲ませて頂き
無事シンガポール・チャンギ国際空港に到着しました!

Dscf0038s

しかしここで一瞬アクシデントに遭遇しました。
(明らかに自分のせいなのですが)
この旅のために買ったデジカメ富士フィルムFinePix F600EXRを
自分の席に置き忘れて飛行機から降りそうになったのです。
幸い飛行機の出口から外に出る瞬間に気付いて取りに戻ったのですが
これがこの旅で遭遇する数々のアクシデント?の始まりだとは
この時は想像もしませんでした(x_x;)

ま、アクシデントの話はまた後ほどということで、、
初のシンガポールですが、モルジブからの帰りにも立ち寄って
宿泊する予定なので、ここでは軽~く空港内を散策する程度に。

結構広い空港ですね。
アジアの人がたくさんいてヨーロッパやアメリカに空港に降り立った時のような
妙な緊張感はなくて安心です☆(←小心者(^^;)

E3031762s

で、ヨメが事前に仕入れたシンガポール情報の中で
メッチャ気になってたのがチキンライスなるシンガポール名物。
帰りのシンガポールステイの時まで我慢すりゃーいいのに
小腹のすき具合も後押しして、ついつい空港内の食堂で
食べてしまいました!

Dscf0049s
(くれぐれも、不味くはないんですよ)

結果は・・・美味いっちゃー美味いけど、、もっと本格的な
店で食べたらもっと美味いはず!!って感じでした。
やはり我慢は大事だなーと、いい大人が小学生のような
反省をしているうちに、モルディブ行の飛行機の出発となりました。

Dscf0061s
(ここから西へ向かいます)

Dscf0064s
(シンガポールのスタンダードなビールみたいです。飲みやすい!)

Dscf0065s
(なんていうんだろう?焼きそば?ミーゴレン?まぁ普通かな。)

ここからはもう、ビール&ビール&ワイン&機内食!!みたいな
サービス攻勢に若干疲れながらもフライトを楽しんで
ようやモルディブ・マーレ国際空港に到着しました!!!やっぱ遠いわ~☆

Dscf0071s
(現地時間の夜24時くらいだったかな?に到着しました)

Dscf0077s
(簡素ながらもなかなか開放的でキレイな空港です)

ご存知の方も多いと思いますが、モルディブは多くの島々からなる国で
飛行機が降り立ったフルレ島はほぼ空港の機能を持っただけの島。
今晩はこの島のホテルに泊まって、翌朝から自分たちのコテージがある
ステイ先に移動することになります。

E3041772s

E3041769s

ホテルの風呂の温水がなかなか出ず、ヨメも疲れからか機嫌悪くて困りましたが
明日からはせっかくの南国リゾートを楽しもう!!ということで
とりあえず爆睡しました。

次回からはようやくリゾートらしい話が出てきます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.17

恋するハネムーン!(モルディブ旅行記・出発編)

E3062050s

またもや1年ぶりの更新となってしまいました。。。
仕事やらなんやらでドタバタな日々が続いてますが
久しぶりに旅行記でも書こうかと思います☆

旅行と言っても今回はハネムーン編です♪(^^;
少々前の話ではありますが、記憶を辿りながら
ゆっくり書いてみたいと思いますので、
お付き合いのほど、よろしくお願いしますm(_ _)m

--
さてさて、話は2011年の年末にさかのぼります。

Dscf0033s

とある大きな仕事を任されて激務に追われる中、
結婚して半年以上経過し、そろそろ新婚旅行に行かんと
もう行けなくなってしまうのではないか?という妙な不安にも
駆られて、ヨメ(と呼ぶことのします)と
どこに行くかの検討が始まりました。

ヨメは歴史・文化を感じたい派?らしく、ヨーロッパを希望。
特に南フランスに憧れているそうですが
そうじゃなければ南国のビーチリゾートがイイとのこと。

一方の僕といえばダイビングをしている頃から
最終目的地はモルディブだとずっと思っていました。

Dscf0021s

が、もうダイビングのブランクは3年以上、今さら
モルディブもないかなーと思っていたのですが、
ヨメが「12月に南フランスに行っても寒くて耐えられない!」と
自分で希望した割には軟弱なことを言うので、
モルディブを主軸として世界各国の有名ビーチリゾートを
片っ端から探してみました。

で、やっぱり1島1リゾート&水上コテージを有するモルディブが
なんだかんだ言っても一番自分たちの理想に近いことが判明し、
勢いで申し込んでしまったのです。

そして背中を押されたのはトランジット地がシンガポールであったこと。
ちょうどそのころソフトバンクのCMでSMAPがホテルの屋上のプールを
かっこよく歩く映像が注目されていましたが、
その撮影場所であるホテル『マリーナベイサンズ』が予約できたのです。

http://jp.marinabaysands.com/

というわけで、日本が急激に寒くなる12月初旬、スーツケースに
短パンと海パンを放り込んで、浮かれた旅がスタートしたのです♪

Dscf0026s

今回は前置きだけとなってしまいましたが、
次回からはトランジットそしてモルディブのお話を進めたいと思います。

写真はモルディブのビーチ、シンガポール航空のジェットエンジン、
機内食第一弾とサプライズサービスのケーキ&シャンパンでした。
最後のケーキはまったく聞いてなかったのでなんだか嬉しかったです(^^)/

なお、今回の旅行で使用したカメラはオリンパスのE-3と
富士フィルムのFinePix F600EXR(コンパクトデジカメ)です。
F600EXRはこの旅行のために買ったのですが、
写りの良さに正直かなり驚きました!
後継機種がもう3世代くらい発売されていますが、
このシリーズは個人的にオススメです☆

http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f900exr/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.10.14

恋する軍艦島&長崎くんち!

E3062716s

なんとまぁ、最後にブログを更新してから約1年!!!
皆様、お元気ですかーーー??
お久しぶりでございます。ちゃんじゃです。

仕事が忙しくて全く余裕のない生活をしておりますが
生きてる証?ということで更新しまーす(^^)v

先週末の3連休を使って、1泊2日で長崎に行ってまいりました。
2007年の夏に行ったのが最後だから約5年振りでした☆

http://dive-snow.air-nifty.com/koimaru/2007/09/post_b777.html

今回の旅の目的はズバリ『軍艦島』!!
ご存知の方も多いと思いますが、かつては炭鉱として栄えながらも、
40年近く前に閉山、無人島となった島であり、
今はその島の風貌と荒廃した建造物群が大変注目を集めている島です。

E3062746s

というわけで、まずは腹ごしらえということで中華街へGo!
何回もブログで書いてますが、とにかく皿うどんが大好物なのですが、
前から長崎中華街で"鶏皿うどん"というのを食べてみたいと思ってました。
今回5年振りにその夢?が実現してまずはかなり満足です♪

こちら!宝来軒さんの『鶏皿うどん』
E3062673s2

いやー、長年あこがれていたんですが、美味かったです☆
ツレは普通の皿うどんをオーダーしましたが
どちらも優しい味でかなり満足でした♪

さて、サクッと昼食を済ませた後は、軍艦島ツアーの
集合場所の港に移動です。

http://www.gunkanjima-concierge.com/

『軍艦島コンシェルジュ』のWebで予約を入れていたので
さっさと船に乗船できましたが、連休初日ということもあってか満席!
後で知りましたが、この軍艦島ツアーでは海の状況によって
島に上陸できないことも多々あるそうです。
で、僕らが行った日はかなり海況・天候が良く、
かなりラッキーだったそうです♪

乗船後は上陸に関する説明を受けながら
一路軍艦島(正式名称:端島)を目指します!

やはり三菱の街ですね、長崎って。海自の船も修理?してました。
E3062699s

さて、40分くらいの海上移動を経て、ようやく軍艦島が
その全容を現しました!!!

E3062810s

E3062814s

ドルフィン桟橋という箇所から1人ずつ上陸するのですが、
すぐに怒涛の光景が目に飛び込んできます。
うぉー、スゴイ!

E3062742s

E3062762s

なんと言っても最盛期にはこの狭い島に5,000人以上の人が住んでおり
人口密度は世界一!!
映画館やパチンコ店まで整備され、超近代的な環境だったのも
もはや夢の後、栄枯盛衰を感じさせます。

また当日のガイドさんは実際にこの島で暮らしていた方
(多くのガイドさんの中で唯一の元島民だそうです)だったのですが、
炭鉱の現場で多くの方々が亡くなった時の話などを聞くと
高度経済成長期を支えた現場は壮絶だったのだと
あらためて考えさせられました。。

さて、軍艦島のツアーでいろいろ考えさせられつつ
長崎の街に戻ってまいりました。
夜は知人に紹介してもらった地元の居酒屋さんへ。

『五島うどん』 うま!!
Dscf1468s

一風変わったお店なのですが、大将が非常に気さくな方で
料理も大変美味しいからか、地元出身で稲佐山ライブを行った
超イケメンアーティストなども来るらしく、大変楽しい時間が過ごせました♪

E3073254s

さて、翌日のお話。

なんだか前日から異常に人が多いナァと思っていたのですが
なんとこの週末は『長崎くんち』が行われる日でした!!

http://nagasaki-kunchi.com/

エレベータで一緒になったご家族(たぶん長崎県民)の会話から察するに
『長崎くんち』は長崎っ子のソウルフェスティバル、
博多で言えば『山笠』みないなものだと解釈しました。
それくらい街中(観光客よりも地元の方々?)が盛り上がってます。

というわけで、まったくもって偶然にも長崎くんちに遭遇できたので
以前から見てみたかった龍踊(じゃおどり)見物に繰り出しました!

E3073451s

その前に地元の人がよく訪れるという喜楽園さんにて
ちゃんぽんを頂きました。シンプルで超美味い!
こういうのが好きだなー、やっぱり☆

さて、会場についたものの、既に超満員!!
久々にコレ!という被写体にお目にかかれるとあって
僕の写欲も一気に盛り上がってます!

というわけで、どうにか場所を確保し、演し物の撮影です☆

傘鉾(籠町)
E3073107s

『獅子踊』(玉園町)
E3072916s

『オランダ船』(江戸町)
E3072972s

『川船』(魚の町)
E3073445s

出ました!『龍踊』(籠町)
E3073253s

E3073305s

E3073300s

E3073393s

正直期待を裏切らない素晴らしさでした☆
玉を追いかける龍が本当に魂を持った生き物のように見えて、
今にも地響きのような鳴き声が聞こえてきそうな感じ!
いやー、見れて幸せでした~っ!!
そして久々に一眼レフでの撮影を満喫できました。
腕は相変わらずですが・・・(笑)

E3073477s

というわけで、ここから先はクールダウンの時間。
20年振りくらいにめがね橋界隈を散策。

どうしても撮りたくなる(^^;
E3073527s

最後は稲佐山の展望台まで行ってきました。
E3073587s

なんでもこの週末(金曜?)にこの長崎の夜景が
モナコ、香港と並んで世界新三大夜景に選ばれたそうで、
地元ではこのニュースでもかなり盛り上がったそうです。
(とタクシーの運転手さんが言ってました(^^;)

世界三大・・・誰が決めるのだろう??
しかもアジアが2つ。
確かに稲佐山からの景色は本当に絶景で、
夜になったら更にキレイなんだろうなーと後ろ髪を引かれつつ、
福岡への帰路につきました☆

長崎、相変わらず観光資源の宝庫でした!
次はぜひ天草や五島に行ってみたいです。
次にいつブログ更新できるか分からないので
珍しく1話にまとめて書いてみました。
ではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.04

恋する萩&下関!

E3311054s

めっきり秋らしくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏に行った萩と下関(唐戸市場)のお話をしようと思います。

前回萩旅行に来たのが中学生の頃だったとすると、
かれこれ20年以上前。
その時は、次に来る時に嫁さんと一緒だとは想像もしていなかったはず。
(あたりまえですが・・・)
特別な感傷に浸るつもりもないのですが、
目的は長州偵察(ウソ)とウニ三昧、ということで
久しぶりに車で本州へ向かいました~♪

まずは関門海峡越え。
http://www.kanmon.gr.jp/index.html

関門橋の直前(九州側)にある「めかりパーキングエリア」からの
眺望はなかなかの絶景です。

E3310996s

あちらはもう本州です☆
この辺りは北部九州&山口の観光地としてはかなり見所が多く
武蔵と小次郎の巌流島(彦島)や壇ノ浦の源平合戦跡地などの
歴史的な観光地から、門司港レトロ、九州鉄道記念館
http://www.k-rhm.jp/)などの近代工業化にまつわる
歴史遺産まで、なかなか興味深いアイテムがそろっています☆

文章ではなかなか萩に着きませんが(笑)、
実際は関門海峡を越えて1時間?くらいでサクッと
萩に到着しました。
http://hagishi.com/index.html

E3311001s

萩と言えば、やはり吉田松陰先生と松下村塾でしょう。
高杉晋作や伊藤博文など、明治維新の英傑を多数輩出した
非常に重要な場所ですよね!

E3311056s
(↑これは高杉晋作の銅像です)

あらためてその松下村塾を見てみると、
非常に狭い場所で全く豪華なつくりではないのですが、
本当に勉強したい人にとってはそんなことはどうでも良くて、
偉大な先生に教えを請いたい一心だったのだろうナァと
あらためて感じました。
オレにほんのちょっとでも勤勉の精神があればなぁ~なんて
思ってしまいました(^^;

E3311015s
(↑初代内閣総理大臣 伊藤博文の生家だったかな?)

で、無知で恥ずかしいのですが、萩って海に面してるんですね!!
ずーっと山の中かと思ってまして、ウニが名物なんて
初めて知りました。

E3311076s

というわけで、萩の城下町観光をしている時に
地元の方に美味しいお店を教えて頂き、
海鮮丼をとっても美味しく頂いてまいりました。
(連れはウニ大好きさんなのでウニ丼を食しておりました)

E3311093s

帰りは下関で一泊しまして、翌朝は唐戸市場に行ってきました。
ここは下関の名物にもなっており、一般の人でも
新鮮な海産物がリーズナブルに買えるほか、
中にある食堂も美味しくて大人気となっております☆

E3011122s

ここで僕は下関名物フグのから揚げが入った定食を頂きました。
ホクホク・プリプリした食感が絶品でした~♪
(連れはやはりここでもウニ定食を食べてました。。。)

E3011126s
(↑板ウニがそのまま付いてる定食なんて見たことないワ(笑))

なお帰りにお土産で買ったアジのひらきが両親・親戚に
大評判でした!オススメですよ♪
(連れは最後も国産の板ウニを数枚購入してました。。大丈夫か?!)

というわけで、中国地方の観光は日本海側も含めると
なかなか奥深いなぁとあらためて感じたツアーでした♪

追伸:
松下村塾の敷地内で萩市の方(ボランティア?)が
観光客にアンケートをされていました。
その中で真っ先に「どこから来たのか」を聞かれたので
明治維新のことを気にしながらも「さ、薩摩から」と答えたところ、
「あら、最近鹿児島から来られる方がとても多いんですよ~」
といたって好意的に応対されました。
何年か前に会津若松に行った際にも同じようなことがありましたが
時代は流れていくんだなぁと思った瞬間でした。
(年配の方は相当に思うところもおありなのだと思いますが)

おしまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

恋する温泉!(筋湯温泉編)

E3184397

だいぶ寒くなってきましたね~!
九州とは言っても、朝晩の寒さはかなりのものです。

というわけで、不定期でご紹介している温泉情報です。

熊本県の温泉地としては黒川温泉が一番有名だと思いますが
その近所にも多数の温泉地があり、その中でも筋湯温泉は
そこそこの穴場だと思います。

http://www.sujiyu-onsen.com/

日本一の打たせ湯をはじめ、いくつかの公営温泉施設が町内に点在しており
宿の温泉とともに楽しめます。

E3184438

今回(といってもだいぶ前だけど)お世話になったお宿は『両筑屋』さん。

http://www.sujiyu-onsen.com/ryochikuya/

貸切の岩風呂がとても良かったです♪

E3194463
(写真はありませんが、食事もかなり美味しかったです)

阿蘇の自然を満喫して、筋湯の温泉で癒されて
翌日は黒川に立ち寄って・・・なんて僕的にはかなり贅沢な旅でした~♪

E3194533
(↑黒川で食べたお昼ゴハン)

E3194575

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧