« 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・前編) | トップページ | 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・ベルベル人編) »

2009.10.12

恋するチュニジア!(サハラ砂漠・憧れのキャラバン編)

P6183981

連日のブログ更新です!!

クサール・ギレンには4つのホテルがあります。
ホテルと言ってもすべてテントなのですが
その中でパンシア(パンシー/Pansea)は唯一の4つ星ホテルです☆
http://www.pansea.com/eng/ksar_infor.html

一生に一度かもしれないので、贅沢にもこのパンシアに宿泊することにしました♪
テントの中はというと、こんな感じです。

P6183949

都会の4つ星ホテルとは比べられないけど
砂漠のど真ん中でフカフカのダブルベッドに寝れて
エアコン、シャワールーム完備ってだけで超贅沢な気分です☆

P6184181


P6184182

1時間ほど部屋で休憩した後は、いよいよ日没に合わせて
キャメル・ライディングに出発です。

P6183955

敷地の奥にラクダステーションがあります。
生まれて初めて乗ったラクダは結構乗り心地がイイ♪
ヒトコブラクダの背中に鞍が取り付けられており、それについた手綱を持って乗ります。

P6183994

この日この時間に出発するキャラバンは僕らの1つのみで
メンバーはイタリア人カップルと僕の3人です。

P6183959

ベルベル人のラクダ引きの若者に連れられて、クサールギレンの村の先にある
ティサバール(Tisavar)という遺跡(ローマ時代の要塞)まで
片道1時間かけて向かい、サンセットを楽しむという要領です。

P6183979

歩き出すとなんだかとても不思議な気分になりました。
自分が今いるのは日本から遠く遠く離れたアフリカのサハラ砂漠のど真ん中。
大感激するはずの、ずーっと憧れていた地。
なのになんだか妙に冷静な自分がいる。

P6183968

まるで遊園地のアトラクションでも体験しているような錯覚に陥るくらい
日常からあまりにもかけ離れた光景に、自分の意識が追いつかない感覚。

眼前には本当に地の果てまで永遠に続くかのような砂漠の海。
振り向けばオアシスの村のナツメヤシの木々。
現実の世界からまだ見ぬ自分の未来へ、次々と訪れる幾多のうねりを乗り越えながら
なすがままに進んでいるような感覚でした。

P6184000

かなり感傷的になりましたが、先頭を行くイタリア人兄ちゃんが
鼻歌を歌い出したことで自分のやりたかったことを思い出しました☆
そう、日本の代表曲?を歌わなくては!!

-- 中森明菜 『サンドベージュ-砂漠へ-』 --
 サハラの夕日をあなたに見せたい さよならを私から決めた別離の旅なのに
 翼を広げて火の鳥が行くわ 地の果ては何処までか答えてはくれないの
 砂も風も乱れて逢いたいあなた 愉しすぎた笑顔が
 Ah月よりまぶしい これも愛なの?
 星屑私を抱きしめていてね アナアーウィズアローホ SAND BEIGE
 涙のベールも渇きつくしたら 神秘の顔立ち
 崩れる私を支えてお願い アナアーウィズアローホ SAND BEIGE
 このまま一人で眠りについたら 無口な女になるわ

P6183986
(↑初めてブログに登場してみました(笑)ちゃんと髭剃っとけば良かった・・・)

何人の日本人がここでこの歌を歌ったかは分かりませんが
できることなら歌ったことを中森明菜ちゃんに伝えたい気分でした(^^)v
数年前に津軽海峡で『津軽海峡冬景色』を歌おうとして失敗したことがありましたが
今回はその数十倍難しいであろうミッションを達成できて大満足でした☆

P6183992

そうこうしてるうちに遺跡に到着しました。
遺跡の上から先に来ていたキャラバンのガイドが声をかけてきました。

- Guide「Italiano? 」
- 俺 「Non, Japonese.」
- ? 「アラ?こんなところで~♪」

えっ?日本語!?なんで?!?!
よく見ると日本人のご夫婦が手を振ってます(^^;
チュニジアに来て3日目、初めて日本人に遭遇したのが砂漠のど真ん中の遺跡って・・・
ある意味日本人すげーって思いました(笑)
10日くらいかけてチュニジアを旅行されているとのことでした♪
一人身としてはちょっと羨ましかったです。

P6184004

それからしばらくしてサンセットとなりました。
雲がないので、空が赤く染まるようなことはありませんでしたが
地平線に静かに沈んでいく太陽はなんとも神々しかったです。

P6184006

そして村へ引き返すラクダの上から振り返った時に見た日没直後の
青い輝きはメチャクチャ幻想的でした。

P6184039

キャメルライディングを終え、パンセア内のレストランで夕食を取りました。

P6184044
↑今回の旅で何回も食べたチュニジアンサラダ。超気に入りました♪

P6184048

となりはドイツ人と思われるご家族、2つほど先のテーブルには
さっきの日本人ご夫婦が食事をされていました。

P6184053

1人での食事はちょっと寂しかったけど、ワインを飲みながら
美味しい料理を食べて、心地よく酔いました~♪

P6184061

レストランを出て、敷地内のタワーに登ってみると頭上には満天の星空。
あー、ホントすごいところに来てるなー、とか思いながら
しばし夜風に吹かれていましたが、酔いが回ったのか眠くなってきたので
テントに戻って深い眠りにつきました。

あ、ちなみに砂漠の夜は決して暑くないです。むしろ涼しい感じ。
湿気もないし、とても過ごしやすかったです♪

というわけで、一生の思い出に残る砂漠の旅は2日目も続きますが
それは次回のブログにて☆

|

« 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・前編) | トップページ | 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・ベルベル人編) »

コメント

gonさん、初めまして!
ちゃんじゃです。

心温まるコメント、どうもありがとうございます♪
チュニジアの写真、楽しんでいただけて光栄です。

忙しくて更新をサボっていたのですが、モチベーションが上がりました!
たぶんあと2回、チュニジアブログが続くと思いますので
良かったらまた見てくださいね♪

それはそうと、ゼラニウムの蒸留水がどんなものか
知らなかったので、Googleで調べてみたのですが
ローズウォーターとも言うんですかね?
旅行の記念にチュニジアで貰いましたが、かなりイイ香りで
僕もとても気に入っています~☆

投稿: ちゃんじゃ | 2009.12.06 11:02

とてもステキで
ホントに恋してしまいました~
ほんとにキレイな写真。
まっすぐでステキ。

チュニジアンサラダ、美味しそう♪
↓の画像に、ゼラニウムが写っていて、
よろこびました!

いま、チュニジアから来た、ゼラニウムの花の蒸留水を眺めてて、(まだ飲んでない^^)、「ああ、チュニジアから来たのね。。と写真をみて、感激してます。

いつもステキな写真をありがとうございます。
恋するチュニジア!

投稿: gon | 2009.11.30 22:36

MACHIさーん、コメントありがとうございます~☆
砂漠の世界、なかなか衝撃的でしたよ~!!
当然ラクダの上でいろいろ考えました(笑)

自分の写真をWEBに載せるのって、結構躊躇しますねー。
砂漠でどんな格好をしているのかをお見せしたくて
登場してみました☆
夜はなにげに寒かったです。

それはそうとう、スリム・・・いい響き♪
ここ10年で全く言われなくなりました(^^;
現在スリムに戻るために、秋の食欲を抑えるのに必死です(笑)

北海道、だいぶ寒くなってきてるんでしょうね。
体調くずされないように気をつけて下さいね!!

投稿: ちゃんじゃ | 2009.10.30 07:20

こんにちわ~。
1枚目をみて、とっても素敵なところだな~って思いました。
アラビアンナイトみたいな…。
全く違う異国って感じがします。
きっとラクダの背中でいろんなことを思ったことでしょうね。
初めてみるぅ~ちゃんじゃさん。
スリムですね~。
おめめが隠れているのが残念ですけど、WEBなんで仕方ないですね~。
あのホテルもスゴイリッチじゃないですか?
砂漠の上でこんなに素晴らしい施設を建てられるなんて素晴らしいですね。
ごはんもおいしそう~♪

投稿: MACHI* | 2009.10.23 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71739/46454927

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・憧れのキャラバン編):

« 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・前編) | トップページ | 恋するチュニジア!(サハラ砂漠・ベルベル人編) »