« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.14

恋するチュニジア!(バルドー博物館・夜ゴハン編)

P6173802

いやー、忙しいっす!なかなか更新できなくてすいませんっ!!

というわけで、やっと2日目の後半、バルドー博物館見学です。

P6163760

バルドー博物館はチュニジアが誇る考古学博物館で
中でもローマ時代のものを含めたモザイク(大理石や自然の石などを
組み合わせて模様や絵を描いたもの)のコレクションは
本家イタリアをも凌ぐ世界最大規模を誇ります。

P6163772

というわけで、早速ガイドさんに案内してもらいながら館内を進みました。
正直モザイクには全く詳しくなかったのですが、ホンモノを見てかなり感心しました。
ガイドさんいわく、『染料を使わず、色のついた自然の石を組み合わせて
作られているから、長い年月がたってもこうやって色が残っているんだ』そうです。

P6163759


P6163779

とんでもなく緻密な作業で作られているこれらのモザイク画、
博物館では"壁"に貼られていますが、これらは元々チュニジア中の
宮殿・屋敷の"床"に描かれていたのだそうです。
もし自分の家にこんな床があったら、もったいなくて踏めませんよね(^^;

P6163748

普段あまり博物館・美術館に行くことのない僕にとっては
とても楽しいひと時でした~♪

バルドー博物館を満喫した後は、ガイドさんと一緒に
前日に迷ったメディナで買い物をして、最後にホテルまで
送ってもらうことになりました。

P6173790

ホテルの目の前まで来るとなにやらたくさんの人が集まっていました。
すると、警察や記者、カメラマン、やじうまがごっちゃがえす中
道路に敷かれたレッドカーペットの前にタイミング良く黒塗りの車が登場し
中から年配の女性が降りてきました。

P6173794
(↑分かりにくいですが、真ん中の大きな男性の奥にいる白いパンツ姿の女性です)

その瞬間、まわりは大熱狂!!!ガイドのオジ様もかなり興奮しています。
何が起きているのかさっぱり分からない僕にガイドさんが
その女性がチュニジア出身の超有名女優であると教えてくれました。
その名はクラウディア・カルディナーレ。
後で調べて分かりましたが、マリリンモンローやブリジットバルドー、
ソフィア・ローレンと並び、世界的に有名な女優さんだそうで
年配の方なら愛称"CC"と言えばすぐに分かるんだそうです☆

いやー、その時は価値が分かりませんでしたが
なんだかとてもラッキーでした~☆

さて、ついにガイドのオジ様とお別れの時となりました。
本業は建築家だけど趣味でガイドもやっているそうで
本当に紳士で親切で日本語が上手で、ほぼ完璧なガイドをして頂きました☆
モヤモヤした気持ちのままお別れするのもイヤだったので
最後に思い切って聞いてみた。

俺   『僕の名前、実は田中じゃなくて○○なんですよ・・・』
ガイド 『えっ!私いつから間違えてました??』
俺   『今朝、会ったときからです・・・・』
ガイド 『おぉー、それは大変失礼しました!!』
俺   『で、今日の観光ツアーってH.I.Sのじゃないですよね?』
ガイド 『は?H.I.Sのですよ。なんでですか?』
俺   『そうなんですか!いやいや、なんでもないです。良かった~♪♪』

というわけで、単純に名前を間違えただけだったらしく
正真正銘、H.I.Sのツアーだったそうです。とんだ取り越し苦労でした(^^;

てなわけで、名残を惜しみながらメールアドレスを交換してサヨナラしました。

さて、そして本日最後のイベント、ディナーです☆
前日から当てをつけていた店の中から『モハメド・アビド・パスタサカ』を
チョイスしました。地球の歩き方でも"良心的な安食堂"と称される
地元民が利用する食堂です。

メニューは全く意味が分かりませんでしたが、どうにか次のものをオーダーしました。

・ショルバ : ハリッサとトマト仕立てで魚のすり身か羊肉のダシが入ったスープ
・オジャ :炒めたピーマン、魚介類などをトマトソースで煮込んで卵を落とした料理

どちらも地球の歩き方に載っていたのですが、店のメニューではオジャにも何種類かの
バリエーションがあり、オーダー時には通じない英語で必死に"ノーマル"オジャを
アピールしました(笑)

そして出てきたのがコレだぁ~!!

・ショルバ(左は付け出しのハリッサ&オリーブ。パンに付けて食べます)
F1020027

・オジャ(ノーマルのはず)
F1020028

どちらもかなり美味しかったです♪いきなり当たり引いたーー!って感じです☆
ショルバは好き嫌いが分かれるかもしれないけど
トマト料理が好きな僕にはかなりヒットでした☆

というわけで、長い長い1日を大満足のまま終え、翌日のサハラへの
旅立ちにドキドキしながら深い眠りについたのでした・・・・・

P6173803

いよいよ次回はあこがれのサハラ砂漠編です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »