« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.27

恋するチュニジア!(チュニス到着編)

P6163626

やっとチュニス・カルタゴ国際空港に到着!
ドバイから6時間45分、機内の日本人はたぶん僕と隣2席のOLさん達だけという
フライトだった(^^;
やはりヨーロッパを経由して入るのが一般的なのかもしれない。

到着ロビーを出るとさっそくH.I.Sの現地ガイドが出迎えてくれた。
さすがはツアー旅行☆見知らぬ国への一人旅でのこの安心感は格別だ。
ガイドはキレイで明るそうな黒髪の女性だった。(このコは最終日にも登場予定♪)

Fh010007

早速車でチュニス中心地のホテルまで送ってもらう約15分の間に
車窓から見える建物などについて流暢な日本語で説明してもらった。
明るい日差しの中に広がるその景色はなかなか魅力的で
かなりキレイに舗装されたハイウェイの両サイドには白色を基調とした
古めのビルが立ち並び、中心地に行くにしたがって、色数と大規模な建設工事が
増えていく感じだった。
その活気はそこが人口100万人を抱える一国の首都であること
あらためて僕に実感させた。

P6163622

たくさんのフランス車で混雑する市街地のメインストリート、その中心部で
僕を乗せた車は止まった。本日の宿『カールトンホテル』に到着である。
チェックインの際に記入する用紙がフランス語で書かれていることに多少うろたえたが
ガイドに教えてもらいながらそれを乗り切り、やっと部屋にたどり着いた・・・が
早速プチ・アクシデント?が発生した。

P6163627

ガイドとドライバーにチップを渡したため、ホテルのポーター(感じのイイ紳士)に
渡すチップ用の小銭がなかった。
「後で紙幣をくずしてチップを渡したい」と伝えたいのだが
ポーターは英語が判らず、僕もフランス語&アラビア語が判らない。
身振り手振りでどうにか理解くれたのか、一度は部屋から笑顔で出て行ったのだか
数分後にまた笑顔で戻ってきた。
彼は手に持ったたくさんの小銭を嬉しそうに私に見せた。
ん?ユーロ?!この国の通貨はディナール。他は使えなかったはずでは?
状況を理解できない僕に、彼は僕のディナール紙幣を持ち
自分のユーロコインと交換する仕草を僕に示す。
レートを『地球の歩き方』で確認したが至って真っ当な金額だった。

P6194366

特にだまそうとしているわけでもなさそうなので
交換を了承し、チップの1ユーロコインも彼に手渡した。
ポーターは笑顔で立ち去り、疲れ果てて僕はベッドに横になった。
・・・交換して良かったのか?街の売店とかではユーロが使えるのか?
あの笑顔はホンモノか?!まだチュニジアに頭も体もなじんでいないせいか
様々な考えが頭の中でグルグル渦巻いた。
(見知らぬ国への旅ってこういう小さな考え事?が多くなると思いませんか?)

P6194365
(↑最終日のチェックアウト時に撮ったので散らかってます。右奥に風呂とトイレあり☆)

が、今さら考えてもしょうがないので、長旅でじんわり疲れていた体を起こし
アフリカで最初のシャワーを浴びた。

この日は到着早々であったが、すぐにやらなければならないことがあった。
現地ツアーの代金支払いである。
現地ツアーアレンジが日本の土曜夜21時にFixしたため、一部入金が間に合わず
現地で残金を支払うことになっていたのだ。

P6163619

早速サイフと携帯とカメラ『LOMO』を持って街に飛び出した。
お昼過ぎで混雑する市街地をサクサク歩いてトラム(メトロと呼ぶ)の
駅(リパブリック駅)まで歩いていった。
サングラスをしていても超日本人である僕は非常に目立っていたらしく
現地の人々の視線を激しく感じたが、特に危険といわけではなく
ただ1人で歩く東アジア人が珍しいというだけのようであった。

F1020012
(↑こちらはリパブリック駅ではなく、バルセロナ駅です(^^;)

リパブリック駅は大勢の乗降客で溢れており、いきなりの度胸試しとなったが
初めてのディナールでの買い物である切符の購入も『指さし会話帳』仕込みの
インチキフランス語で乗り切った。
話しかける時はまず「ボンジュール、ムシュ~♪」と笑顔で言うという自分ルールも
この時決めた(笑)

チュニス市内のメトロは5つの路線に分かれており
僕の目指すパレスティン(Palestine)駅へはLine2で行くことが出来る。
ドキドキしながら待つこと3分、心の準備をする間もなくやってきたグリーンのトラムは
・・・・・アラビックな人々で溢れていた(^^;

Fh010008

東京の朝のラッシュ時とそう大差ない込み具合と、たくさんの車内からの視線に
乗るかどうか一瞬迷ったが、時間もないので体を押し込むように乗り込んだ。
が、乗ってしまえば別になんの問題もなく、日本の地下鉄で外人が乗っていると
ついつい見てしまうのと同じように、うすーい顔の東アジアンを
興味深く観察する人々がいるだけだった(笑)

3駅の超ショートトリップを楽んでいると、ほどなくパレスティン駅に到着した。
時間帯のせいかもしれないが、あまり人気のない住宅街といった感じのところで
地図を片手に現地旅行会社『トラベルサン』さんを目指した。
キョロキョロして歩いていると、地元の兄ちゃんが「トラベルサンはそのビルだぜ!」
みたいに指をさして教えてくれたので、なんなくたどり着くことが出来た。

Fh010009

『トラベルサン』さんは日本人が経営されている会社ということで
スタッフさんも日本人が多く、今回対応してくれたのも日本人の女性だった。
なんだか日本人と話すのが早くも久しぶりのように感じられ
ここぞとばかりにいろいろと質問してみた。

まず注意されたのが治安のこと。
決して悪くないが、携帯電話を奪われたり盗まれることがあるので
ポケットに入れたりしない方が良いらしい。
げっ、ここに来るまでずっと携帯片手に歩いてましたよぉ~と
早くも身が引き締まる思い。。。

F1020011

あとはお金(ユーロ)のこと。
やはり全く使うことができないらしい。コインに関してはディナールへの交換もできない。
ということはやはり騙されたのか!?とも思ったが、どうもそうとも言えないようで
ほとんどの観光客はヨーロッパ経由で入るので、ユーロを貰っても特に困らない
(後でヨーロッパで使えばいい)ということから、僕にユーロコインを渡したのでは
ないかということになった。
とはいっても俺は帰りもドバイ経由なので、どこで使うのかこの時は全く想像も
つかなかったが、実はこのコインが最後にちょっと役立つことになる。

明後日のサハラツアー代を支払い、入念な打ち合わせも終わったので
暗くなる前に今回の旅行の目玉の一つ、世界遺産『メディナ(旧市街)』に
行ってみることにした。

なんだか異常に文章が長くなってしまったので、メディナ散策のお話は次回にします。
読みづらい文章ですいませーん(ToT)
続きも早めにアップしますっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.13

恋するチュニジア!(魅惑の?ドバイ編)

P6153608

さて、いよいよチュニジアに向けて出発です!

フライトは

福岡空港→関西国際空港→ドバイ国際空港→チュニス・カルタゴ国際空港
という経路です。
今まで体験した中で最多のトランジット回数です。さすがに遠い・・・

F1020001

福岡を18:45に出発して関空着が19:50。
ドバイ行きの便は23:15発ということで時間がかなりあるので
初めての関空内をうろちょろしました。
国内最後?の晩御飯をなにしようかかなり迷いましたが
ザ・日本食「てんぷら定食」を頂きました♪

P6143600

ドバイ行きのエアーはエミレーツ航空でした。
今回その存在を初めて知りました(^^;が
航空業界では結構有名な会社のようです。
http://www.emirates.com/jp/japanese/

さて、そうこうするうちに出発予定時刻が近づいてきました。
搭乗ゲート?付近も若干ざわついています。
お客さんの6割くらいが日本人でしょうか?

カップル、ビジネスマン、ご年配のツアー客、・・・バレーボール軍団?!
セキュリティチェックを通る時からずっと近くを歩いていた
サントリーバレーボールチーム『サンバーズ』の一団もいました。
僕の斜め前に座って本を読んでいる選手をなんとなくと眺めていると
、、、、、ん?あれ?!おぉーーっ、全日本キャプテンの荻野選手じゃん!!
なんと北京オリンピックでも大活躍された荻野選手が
目の前にいるじゃありませんか~☆
なんだか旅の始まりからラッキーな気分♪

Fh010004
(↑頭が背もたれから出ている荻野選手。読書をされてました。)

ちょこっとお話させて頂きましたが、ドバイで開催される
アジアクラブ選手権に行かれるとのこと。
優しいまなざし&読書灯を付けて読書に没頭されている姿が
なんだか妙にカッコ良かったです♪

というわけで、スタートからGoodなハプニング?発生で
この旅が楽しくなることを予感しながら、ドバイに向けて
エミレーツの777-300ER機は飛び立ったのです♪



Fh010005

さて、ようやく10時間のフライトを経てドバイに到着です。
早速アラビア語がお出迎えです。
ついに来ちまったゼーって感じです☆

F1020002

まずは次に乗るエアーの確認から。
う~ん、待ち時間は4時間かぁ・・長げ~(@_@)

空港内はフライト待ちの人がいたるところで寝ていましたが
僕は空港の外のドバイの街を撮影できる展望デッキのようなものを
探しに空港内を端から端まで歩いてみました。

P6153609

P6153603

うわさには聞いていましたが相当デカいです!特に横に超長い!!
端から端までサクサク歩いて15分はかかりましたよ。。
観光客が多いのは当然ですが、いわゆる石油王みたいな
白い布をまとって頭に輪を付けたような人も結構見かけました。
超金持ちなんだろうなぁ~・・・

P6153606

というわけで、初挑戦の携帯からのブログアップ(恋するチュニジア!速報版)などを
やっているうちに、4時間もあっと言う間に過ぎて
いよいよチュニス・カルタゴ国際空港へ出発となりました。
長くなってしまったので、この続きは次回のブログにて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.07.09

恋するチュニジア!(出発編)

P6183971

旅の始まりはいつも慌しい。。

会社勤続○○年のご褒美でもらえる5日間の休みを
6月末までに取らなければならないことは分かっていた。
しかし2年前のクロアチア旅行の時に、ギリギリでも海外旅行を
手配できると知ってしまったことが僕の行動力を減衰させ
休みを取る1週間前になってもまだ行き先を決めていなかった。。

P6143595

行きたい場所は数限りなくあったが、一番見たいものはなにか?と
自分に何度か問いかけた時、頭の中で湧き上がっては消えて
また湧き上がる、ある感情にふと気づいた。

『・・・・・・・あ、砂漠が見たい。。!』

そう、僕は砂漠が見たいのであった。しかも世界最大のサハラ砂漠が。

P6173904

記憶の奥底には幼少時代に脳に記録された曲が今も砂漠の砂紋のように残っていた。

『飛んでイスタンブール』 by 庄野真代
『異邦人』 by 久保田早紀
『哀愁のカサブランカ』 by 郷ひろみ
『マラケッシュ』 by 松田聖子

そして・・・・・!
『サンドベージュ-砂漠へ-』 by 中森明菜

中近東というかアフリカというか、とにかく日本から遠い異国である
あちらの国々への憧れが僕の心に植えつけられていたのは間違いなかった。

P6173829

特に中森明菜の『サンドベージュ』を歌謡番組で見た時の
砂漠&ラクダの印象が強烈だった。
曲調、衣装、砂漠を連想させるセット・・・
陳腐に思われるかもしれないが、紛れもなくそれが今回の旅の原点となったのだ。

P6163689

ご存知の方も多いだろうが、一口にサハラ砂漠と言ってもその広さは尋常じゃない。
当然多数の国にまたがっている。
しかしアフリカ未踏の自分にとって最適な地がどこかが分からなかった。
モロッコ?エジプト?アルジェリア?・・・・チュニジア?!
比較的メジャーな国の中で一番安全そう、かつ日本人観光客が
そこまで多くなさそうと考えて選んだのがチュニジアだった。

P6163633

というわけで、ずいぶん仰々しく書き出してしまったが
2年の時を経て、久々に五感を刺激する、俺的大旅行が始まったのである!!!

Fh010003

これから先しばらくの間、チュニジア旅行記が続きます♪
興味アリアリの方も、そうでない方も、暇つぶし程度に軽~い気持ちで
読んで頂ければ幸いです☆

P6163737

[謝辞]
2年前のクロアチア同様、今回もH.I.Sトラベルワンダーランド九州さんに
お世話になって、出国4日前に旅行がFIXしました。
Tさん、短い期間でいろいろと調整頂き、ありがとうございました♪

現地の旅行代理店トラベルサンさんとの現地ツアーアレンジは
出発前日夜21時にどうにか確定しました。
Nさん、無理なリクエストへの対応&現地サポートMerci~☆

次回はトランジットで降り立ったドバイ(空港内だけ(^^;)と
チュニジア到着のお話をする予定です♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »