« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.01.25

恋する大分!(別府編その1)

E3280294

日田編につづき、別府のお話をしたいと思います。

別府に来るのは10年以上ぶり☆かなり楽しみです♪
夕方に到着してまずはチェックイン。翌日朝から別府を観光いたしました。

そもそも一般的に言う『別府温泉』とはなにを指しているのでしょうか?
「えー?源泉数日本一の九州・大分県にある温泉じゃん!!」
という声が聞こえてまいります。
ハイ、正解です☆が、細かく言うと実は8つの温泉に分かれているのです。
詳しくはコチラ↓

http://www.beppu-navi.jp/

その中には別府、鉄輪、観海寺などの温泉郷が含まれており、泉質は
それぞれの温泉郷の中でも異なります。

E3280282

というわけで、一番別府の象徴的な写真を撮ろうと思い
朝食前に『湯けむり展望台』近辺から鉄輪(かんなわ)温泉方面の
湯けむり写真を撮ってまいりました~☆
湯けむりは天候によってその量が大きく変化しますが、この日はまぁまぁって感じ。
ま、あるだけ感謝ですよね♪

E3270264


E3280329

で、朝食を頂いた後は、別府温泉名物である『竹瓦温泉』さんの入浴です☆
おそらく別府温泉の中では一番有名な公衆浴場なのではないでしょうか?

E3280315

中は2階建ての吹き抜けのようになっており、かなり古い建物とはいえ
かなりモダンな感じ♪お湯は結構熱めでした!
(源泉かけ流しなので日によって温度は違うはずですが)

E3280321

というわけで、まずは第一目標を達成!
次回は全国的にも超有名?な地獄めぐりに行ってまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.01.18

恋する大分!(日田豆田町編)

E3270163

2009年になって2週間が経ちましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年もちょこちょこブログ更新してまいりますので、よろしくお願いします♪

さてさて、新年一発目は大分県のお話。

JR九州では昨年は鹿児島を大プッシュしていた(ように思う)のですが
秋からはそれに加えて大分も大々的に宣伝されるようになりました。

JR九州『旅ゴタエ 大分』↓
http://www.tabigotae.com/

前にも取り上げたことがありますが、九州各県の中で一番観光資産を
持っているのはやはり長崎だと思います。
西洋文化、中国文化、海、山、温泉、歴史、料理....ホントなんでも揃ってます。

で、次点はやはり鹿児島かなぁと思っておりました。
維新の歴史、黒豚などの料理、桜島、霧島などの温泉、屋久島などの離島、etc...
これまたかなりのバリエーションがあります。

E3270150

が、あらためてJRの車内誌を読んで、大分はかなり奥が深いなぁと
再認識しました☆湯布院だけじゃないっ!と(笑)

そんなわけで、サブタイトルを『大分再発見の旅』として、新年一発目の
旅行へと旅立ったのであります♪(厳密には昨年末(^^;)

さて、まず向かったのが大分県日田市。
江戸時代には幕府直轄地・天領として栄えた街であり
現在でも豆田町ではその古い町並みを保存する活動が行われています。

E3270146


E3270164

12/27に行ったのですが、さすがに年末ということもあってか
観光客はそう多くはありませんでしが、のどかな街並みにずいぶんと癒されました。

また日田の名物と言えば今は焼きそばなのですが、残念ながら
豆田町ではお店を見つけることができませんでした。。
でも代わりに入ったお店はかなりセンスが良く、お料理もとても美味♪
こちらは大満足でした~☆

E3270187


E3270212

『欧風懐石 秋子想』さん
http://www7.ocn.ne.jp/~kazahaya/index.html
(酒蔵を改造して作られた建物はとてもイイ雰囲気でした☆)


E3270245

そして最後に向かったのが
『薫長(クンチョウ)酒造』さん。
日田の誇る日本酒のメーカーです。
http://www.kuncho.com/index.html

九州の酒は焼酎じゃないの?!という方もいらっしゃるかもしれませんが
いえいえ、南九州は焼酎メインですが、北部九州は日本酒メインなのです。
ま、メインとは書きましたが、要するにどちらも飲むってことですね。
特に昨今の焼酎人気を受けて、北部九州が焼酎に染まっている感じかと思います。

E3270256

酒蔵を見学させて頂き、自分用に純米酒を買って、これまた満足♪
正月の夜が楽しみです☆

ってなわけで、足早に日田を満喫し、次なる目的地・別府へと向かったのでした~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

恋する新年!(2009年編)

E3270252

あけましておめでとうございます。

2008年は自分の人生にとって転機となる年でしたが
2009年はどっしりと落ち着いてしっかり歩んでいければと
考えております。

本年が皆様にとって良い年になりますよう
お祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »