« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.30

恋するクロアチア!(フヴァル編その2)

Sp5164423

さぁー、はりきって連チャン投稿です!

フヴァル港そばで昼食を食べた後は、腹ごなしに登山です!
とは言っても小さな丘?のような山を登るだけなんだけど
城壁で囲まれた道を登ると要塞があって、そこからは街を一望できます☆

Sp5154339

人気のない中腹の住宅街を抜けると小さな門があり、そこから
キレイに舗装された山道?を10分ほど進むと到着です。

Sp5154368

要塞への入場には15Kn必要で、入り口にはキレイなお姉さんが
座ってました。平日で客が全然いないのか、めちゃめちゃ暇そうでした(^^;
話しかけようかなーとも思ったんだけど、本を読まれてたので
やめちゃいました。(←いいわけ(笑))

Sp5154352

要塞内には大砲や牢屋(もちろん昔は実際に使ってた)やレストランがあり
曇ってはいたものの眺めもなかなか良かったです☆
この要塞で外敵からの攻撃に対抗していたんだなぁと思いながら
市街地を見ると、なんだか昔の光景が思い浮かぶようです。

Sp5154370

Sp5154357

キヤノンの一眼レフを持った外人さん(オレもか?)に写真を撮ってもらって
来た道を市街地に戻りました。
道中、今度はオリンパスの一眼を持った老夫婦にも会いました。
結局↑の外人さんカップルとこの老夫婦の計4人にしか会わなかったので
余計にカメラのことが記憶に残りました(^^;

Sp5154332

で、街に戻ってからは再び散策を開始です。
近所の若い奥様達がベビーカーを押しながらのどかな裏道を歩いてる姿などは
ホント映画の1シーンみたいでなんとも心地いい時間でした☆

Sp5154336

Sp5154388

で、一度ホテルに戻ってからはホテルの前のプライベートビーチで泳ぐことにしました。
ビーサンと海パン+Tシャツで海へ行くとそこには白いデッキチェア♪
うーん、小さいけど誰もいないプライベートビーチで泳げるなんてステキすぎる!!

Sp5164410

というわけで、早速海に入ってみる。
5月の16時ということでまだちょっと冷たいけど、キレイな水でとっても気持ちイイ~☆
なによりも、アドリア海で自分が泳いでるなんて信じられない!!
当たり前だけど、空は青いし、海も青くてしょっぱい。
あー、地球は丸いんだなぁー!世界は1つに繋がってるんだなぁ~と
あらためて実感!!アドリア海に感謝☆

Sp5154291

で、ホテルに一度戻って夕食を食べに市街地へ繰り出しました。
昼間に散策していた時に肉を丸焼きして、いい匂いをさせてる
店を発見していたので、まずはそこに行ってみたんだけど
超満員な上にちょっと1人では入りにくそうな状況だったので
すごすごと退散し、結局港沿いにあるお店に入りました。

Sp5164413

で、頼んだのはBlack cattle fish rizzottoとサラダと白ワイン。
陽気な店員さんが料理を持ってくるまで、ぼーっと店内を
見渡してみると、全員カップル(3組だけど)。。
まー、楽しそうにしてるし向こうはこちらなど全く気にしてないので
居心地はまったくもって良かったです♪

Sf1000002
(↑疲れてたのでカメラ持参せず、携帯で撮ったので画像悪いっす。。)

で、女性のお客さんがご自分の食べてる魚を指さして
「この魚ってなんて言うの?」とさっきの陽気な店員に尋ねました。
店員はクロアチア語で○○と答えたんですが、その女性はドイツ人らしく
「ドイツ語だとなんて言うのかしら?」と聞き返してました。
で、その横のテーブルには別のイギリスから来たカップルがいて
彼らは「英語だと○○って言う魚じゃないかなー?」と話に加わります。

みんなであーでもない、こーでもないと話してる時に僕にも
意見を求める目線が送られたので、ジェスチャーで分かりませ~ん(^^;的な
答えを返しました。
最後はなんとなく納得できる魚の名前が出てきたのでみんなが笑顔になりました☆
ドイツ人もイギリス人も「フヴァルはホントいいところだねー」なんて話になって
こちらの日本人青年もウンウンと納得して聞いてました。

ってなわけで、フヴァルの夜はなごやかなままに更けていったのでした~♪

Sp5164400

次回はトロギール編です☆(あとちょっとで完結しますのでお許しを(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.29

恋するクロアチア!(フヴァル編その1)

Sp5154324

やっと更新です。
ADSLモデムの調子が悪くて1週間まったく繋がりませんでした。。。
おまけに激務でクタクタだよ、まったく・・・

ま、そんなことはどーでもいいっすね(^^;
5日目は数あるアドリア海の島々の中でもリゾート度No1?の
フヴァル島に行ってきました。

でっかいスーツケースは翌日また戻ってくるホテルBellevueで預かってもらって
フェリー乗り場へ向かいました。
朝食はバスターミナル前の売店で作ってくれた大きなサンドイッチ(12Kn)です♪

Sp5154283

出向は8:30。フヴァル島のStari Grad(スタリーグラッド)港を目指します。(片道34Kn)
かなり大きなフェリーで、客室はたくさんの人で賑わってました。
天気が良かったので僕は最上階の甲板デッキで過ごすことにしました。
みんなリゾートへ向かうってこともあって楽しそう☆
小学校の遠足、イギリスからのバックパッカー、熟年夫婦、
若いカップル、アジアの一人旅青年etc....いろーんな人が思い思いの時間を
過ごします♪

Sp5154285

で、海風を感じながら進むこと2時間、やっとStari Gradに到着です。
海はかなり青くて徳之島や与論島の港を思い出します☆
でもここは商業港って感じなので、ほとんどの人は島の中心地である
フヴァル港(LUKA Hvar)へ向かいます。
僕も周りの人と一緒にフヴァル港行きのローカルバスに乗り込みました。

で、風光明媚な海岸線を走ること15分。
ついにフヴァル港に到着でーっす♪♪
とっても小さい街なんだけど、なんだかスプリットともドブロヴニクとも
また全然違う、なんとも穏やかな街です。
時間が超超ゆ~っくり流れてて、皆のーんびりしてます(^^;
僕は島好きで、日本の島々も結構行ったんだけど
フヴァル島ののんびり度はNo1じゃないかなー(笑)

Sp5164412

で、まずは最初の関門。宿探しです。
この日は今回の旅行で唯一宿を取ってませんでした。
なぜかと言うと、Sobe(ソベ)に泊まってみたかったからです。
Sobeというのはいわゆる民宿みたいなもので
地元の方が部屋を格安で旅行客に提供してくれるという感じらしいのです。

Sp5154399

早速目抜き通りのツーリストインフォで宿を紹介してもらうことに
したのですが、事情を説明すると
「あなたはSobeとホテルのどっちに泊まりたいの?」
と言われました。
で、英語が通じないSobeもあると聞いてちょっとビビってしまい
結局「ホ、Hotel!」って言っちゃいました(^^;情けねぇ~。。

Sp5154316

というわけで、結局勧めてくれたのは『Hotel Croatia』さん。
(勧めたと言っても、ホテルのだいたいの場所を教えてくれるだけ。
「空室はたぶんあるから自分で行ってみて」と言わました(--;)

港から徒歩約10分(ちょっと遠め?)、ホテルCroatiaの外観は
なかなかキレイなプチホテルって感じです。
で、フロントのお姉さんが提示してきた宿泊料は279Kn(\5,600)。
おっ、こりゃーなかなかリーズナブルなんちゃう?!ってことで
あっさり宿決定して、部屋に案内してもらいました。

Sp5164406

すると!今回の旅でNo1のホテルじゃないっすか!?
部屋もバスもメチャきれい!!!当たりでした☆
窓から入ってくるそよ風が超気持ちいいのであやうく寝そうになりましたが
まずは街を散策すべく、フヴァル港へ向かいました。

で、腹ごしらえの「地球の歩き方」に載っていた『Bounty』さんへ。
港沿いのオープンテラス風の席で頼んだ料理は
やっぱりシーフードパスタ(好きやねぇ(^^;)&ビール☆
ただし今回は「パスタをリングイネにして!」と頼みました。

Sp5154320

が、出てきたのはなぜかスパゲティ・・・なんでやねん!!と思いましたが
注文時に「スパゲティじゃないよ、リングイネだよ!」とスパゲティを
連呼したので間違えられたのかも。。と自己反省し、イカ、アサリの入った
パスタをとりあえず美味しく頂きました。(味はまぁまぁかなー)

ってわけで、フヴァル編は長くなりそうなので2回に分けて書きたいと
思いまーす♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.16

恋するクロアチア!(スプリット編その1)

Sp5154280

ここ数日回線の調子が悪くてネットに繋がりませんでした。。。

ってなわけで、4日目~♪
この日は朝からアドリア海沿岸最大の都市Split(スプリット)へ向かいます。
ドブロヴニクと同じく旧市街地などが世界遺産になっています。

まずAM9:00にチェックアウト。
日本への電話代が3日で700Kn(約14,000円!)でした(x_x;)
で、ホテルで呼んでもらったタクシーでバスターミナルへ向かいました。(60Kn)
スプリットへのバスは1時間に1本あると聞いていたので
適当に乗れば大丈夫だなぁって程度に考えてました。

が!なんとそのバスの本数は平均値みたいな感じで
実際には8:00~9:15の間に2本あるけど、その次は11:00!!
何度もターミナルのおばちゃんに確認したけど間違いないみたい。。
結局その11時のバスまでをターミナル近辺で過ごすことになりました。

Sfh030023

バスターミナル自体にはなーんもないんだけど
Zagreb BANKA(ザグレブ銀行)で両替して、スーパーマーケットKONZUMで
ミネラルウォーターJanaとアイスクリームを買ってetc・・・と
なかなか楽しかったです☆

で、定刻通り11時にバスは出発。
スプリットへ209Km、アドリア海沿岸の道路をぐーんと北上です!!
途中、ボツニア・ヘルツェゴビナを通る(15分くらい)んですが、入る時と
出る時の2回、警察官がバスに乗ってきてパスポートを確認します。
出る時は寝ていたので起こされました(^^;

Sp5144188

途中、2回トイレ休憩があって(Ploceとどっか)、いよいよスプリットへ入りました。
この長距離バス、スプリットに入る前にもかなりの田舎町のローカルバス亭に停車
したのですが、やはりスプリットに入ってからも、何度もバス亭で停車するので
どこで降りていいのか分からず結構ドキドキしました・・。
結局のところ、終着のスプリット港に着いたら運転手さんが
「Split---!!」と大声で叫んでくれてみんな降りだしたのでホッとしました。

Sp5174550

スプリットはかなり大きな都市で人もたくさんっ!
いわゆる港湾都市で、たくさんの人と荷物が行き交ってる感じですが
一歩踏み込むと歴史ある旧市街が存在し、新旧が融合した
不思議な街でした。
ドブロヴニクとはまた異なる雰囲気です☆

で、まずは本日のホテル『Hotel Bellevue(ベルビュー)』さんへ。
バスターミナルから歩いて5分ちょっとかな。3スターです☆

Sp5154189
(↑ベルビュー前の広場『Trg Republike 'Prokurative'』)

昨日までのドブロヴニクのADRIATICさんは2スターだったのですが
☆1コ違うせいか、ここにはテレビとバスタブがありました。
あとはADRIATIC同様、古いけど清潔にしてあるので満足でした~♪
(ADRIATICもBellevueもなぜかツイン。シングル料金だからラッキー☆)

Sp5164430

で、荷物を置いて早速散策開始です!
まず明日行こうとしてるHvar(フヴァル)島へのフェリーチケット
を買っておこうと思い、バスターミナル前のフェリーターミナルへ行きました。

Sp5154271

『ヤドロリニヤ』(船会社)
http://www.jadrolinija.hr/

往復のチケットを購入した後は旧市街地へ戻って
短い時間ですが散策してみました♪

ここで面白いことが☆
基本的に日中は日本の真夏のような日差しが照りつけているので
ずーっとサングラスをかけていたんだけど、スプリットの散策開始時は
もう暗くなりかけてたのでメガネに換えたんです。

Sp5154275

そしたらビックリ!
サングラスの時にはほとんど感じなかった周囲からの視線を
メチャメチャ感じますっ!!
ドブロヴニクではメガネでもぜーんぜん感じなかったので
きっとスプリットにはあまり日本人が来ないんじゃないかなーと
勝手に想像しちゃいました。
ま、ベタなアジア人が夜の観光地を1人で歩いてれば
見られてもしょうがないかなぁ。。(事実と違ったらすいませんっ!)

Sp5154279

というわけで、ウロチョロしてたらあっさり暗くなってきたので
街角のピザ屋さんでピザ×2枚をテイクアウト☆
地元の缶ビールを買ってホテルで夜ゴハンを取りました。
トマトソース&バジリコのものと、ほうれん草&たまごの2枚は
どちらもとても美味しかったです~☆☆

次回はフヴァル島編です♪
スプリット編はその後に再開しますので、こちらもお楽しみに☆
(まだなーんもスプリットの話してないもんね(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.11

恋するクロアチア!(ドブロヴニク編その2)

Sp5134092

昨日本屋さんに行ったら店頭に山積みになった雑誌がありました。
新潮社『旅』という雑誌で、時々目にはしていたんだけど
なんと今月号の特集題名は
『大らかな笑顔にあふれたクロアチア、でのんびりしたい。』だって!!!
すごーい!ついにクロアチアも特集が組まれるくらい
メジャーになってしまいました☆

Sfh040036

雑貨やレストラン、観光地の紹介などかなり充実の内容!
皆さんも良かったらご覧になってみてください!
プロの写真はさすがです。僕のと似たカットもあったけど(^^)v

http://www.shinchosha.co.jp/tabi/top_fl.html

というわけで、本編へ。
3日目の今日はいわゆる代表的なドブロヴニクの風景を撮るために
旧市街の背後にそびえるスルジ山を登ろうと思っていました☆

Sp5134129

まずは前日と同じくローカルバスをホテル前で待っていると
1人の初老のご婦人に話しかけられました。

ご婦人:「1人で来てるのかい?」
僕   :「はい。奥さまはどちらからですか?」
ご婦人:「私はカナダからよ♪これからどちらへ行かれるの?」
僕   :「これからあのスルジ山に登ろうと思って。でも
      歩いて登るの結構大変そうですよねぇ~。。」
ご婦人:「大丈夫よ。だって日本には富士山があるじゃない!」
僕   :「そりゃそうだけど、、、ま、がんばって行ってきますよ。
      それにしても、今回ヨーロッパに初めて来て最初は結構
      ナーバスになってたんだけど、ドブロヴニクって本当に安全ですね☆」
ご婦人:「ええ、私は何回も来てるけど、本当に穏やかでキレイで安全よね、ここは。
      なにも心配することはないわよ♪」
僕   :「そうですよねー、今日もお互い楽しい日になるとイイですね!」

なーんて話をしてるうちにやって来たバスに乗り込みました。
カナダ人にもクロアチアは人気だそうです。

Sp5134063

ピレ門に着いて旧市街を通り抜ける途中でちょっと寄り道。
この旧市街にあるフランシスコ会修道院内にある薬局は
ヨーロッパで3番目に古い薬局とのこと。

Sp5134098

いろいろと歴史を感じさせる品々を見ながら日陰になった回廊を
歩くとなんだか遠い昔に迷い込んだみたいでした☆

で、プロチェ(Ploca)門を抜けると一般のドブロヴニク市街に出ます。
右手に海を見ながら歩いていくとExcelsior Hotelの先の小道を
左に登っていくと写真でよく見る風景に出会えました!

Sp5134117

ザ・ドブロヴニク☆
真夏の日差しの中、汗をダラダラかきながら見つけた風景はホント最高!
マジでそのまま絵葉書採用決定です♪♪

しかしココからが大変。
ほとんどの人はスルジ山頂へはタクシーなどを使って行くようなのですが
(登山用のロープウェイは戦争で破壊された(T_T))
調子こいて徒歩で行こうとしたら迷ってしまいました。

Sp5134127

人がぜんぜん通らない国道をひたすら右に左に歩きまくりましたが
どうしても登山道を見つけることが出来ませんでした。
結局2時間ほど歩いて断念してしまいました。。。
これから行かれる方はぜひタクシーで(^^;

Sfh030022

で、また旧市街に戻ってきて昼ゴハン。
有名店『Ragusa2』にてまたまたシーフードスパゲティとイカグリルを
注文しました。

Sp5134140

昨日のパスタはウニをふんだんに使ってたけど
こちらのはムール貝の入ったトマト味。
悪くなかったけど確実に昨日の店の勝ちかな☆

で、ホテルに帰るには早すぎるので城壁→沖合いにあるロクロム島を
回ってくるグラスボートに乗船しました。

Sp5134163

城壁は外から見るのもなかなか壮大で良かったですが
ロクロム島は大したことなかったかな。
同船した方々もかなり眠そうでした(^^;
(ロクロム島の反対側はヌーディストビーチですが
1人で行く自信がありませんでした~(^^;)

で、一度ホテルに戻った後、今回の旅で一番楽しみにしていた食事へ。
『Lokanda Peskarija』へ出陣です♪

Sp5123945

このお店、シーフードをリーズナブルに出してくれる有名店なのですが
前日店の前を通ったら超満員で行列が出来ていました。
で、20時に行ったのですがやはり今日も満席。。
でも待つこと10分で1人客に嫌な顔一つせず、席へ案内してくれました♪

Sp5123897

で、絶対食べたかったシーフードリゾットとグリーンサラダとビールを
注文しました。
で、お味はと言うと・・・・・・・・・超最高っ☆☆☆
こんなに美味いリゾット食べたことない!!
硬すぎず柔らかすぎないお米と、トマト、小エビ、ムール貝の
ハーモニーが絶妙!こりゃ人気出るはずだわ!
これは絶対食べた方がイイですよぉ~と
声を大にして言いたい逸品でした♪
お代もリゾット+サラダ+ビール+ミネラルウォーターで103Kn。
激安でしょ?!

Sp5134080

というわけで、本当に満足して旧市街地を後にしたのでしたぁ~♪
あらためて書くと、1日でかなりいろんなことしてるなぁと実感しました。

次回はクロアチア2つめの街・スプリトの旅編でーす。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.07.08

恋するクロアチア!(ドブロヴニク編その1)

Sp5123953

さぁー、やっと本格的にクロアチア観光のお話をスタートします☆

朝7時に頼んであったモーニグコールで目が覚めて、ホテルADRIATICの
レストランで朝食を頂きました。
クロアチアの生ハムは結構有名ということでしたが、こちらのホテルでも
それがあったので食べてみました。確かに美味しい~♪
あとはコーヒー、パンといった、いわゆるコンチネンタルタイプの朝食でした。

で、ドブロヴニク旧市街地まではローカルバスで行くことにしました。
このローカルバス、ホテルやキオスクで買ったバスチケットで乗ることが出来ます。
紙で出来たプリペイドカードみたいなもので
乗る時はバスの入り口にある自動改札機に通します。
たぶんチャージもできるんだけど、よく分からなかったので毎回買ってました。
ちなみにローカルバスのマップはこちら。

http://www.libertasdubrovnik.com/gradska.swf

僕の滞在したLapad地区からは1時間に4本くらい走ってるので
あんまり待つこともありませんでした。
しかもなかなか時間に正確!!やるねぇ~♪

Sfh040024

で、旧市街地までの道のりは約10分。
見るもの全てが外国の雰囲気満点(当たり前!)で
かなりウキウキ気分でした~♪
バスも中も全員西洋人。アジア人は相変わらず1人もいません。

というわけで、あっという間に目的地ピレ門(PILE GATE)に到着です。
一番メジャーな旧市街地の入り口とあって、多くの観光客で賑わってます!

Sp5123827

で、早速街中を散歩してみました。
大きな目抜き通りプラツァ(Placa)通りを中心として、それにつながる
細い路地がいっぱい☆多くのレストランや雑貨屋さんが
こういった路地に点在しています♪
朝市もやってて多くの人で賑わってます!カラフルで楽しい♪

Sp5123836

Sp5123838

でも、やっぱり興味があるのは裏路地の方(^^;
一通りメインを見た後は裏路地散策を開始しました♪
まー、街自体が小さいので、ちょっと奥へ入ればすぐに民家があって
そこはまさに映画やアニメなどでみるような期待通りの景色☆
なんだろなぁ~、華やかではないけど、なんか彩りがキレイで
静かでゆーっくりと時間が流れている感じ☆
とっても居心地が良かったですー♪

Sp5123868

Sp5123864

Sp5123921

で、ウロチョロしていると城壁の一部に変な入り口を発見。
おー、これは日本でWebチェックした時に見ていた
隠れ家カフェの『Buza』ではないかっ!!!
こんなところにあったんだぁ~~っ☆
真夏の日差しの中を歩きまくって疲れてたので
ここでちょっと休憩です♪

Sp5123873

入ってみると、ウン、なかなかいい☆
目の前は真っ青なアドリア海、で、そこに浮かぶヨット。
最高の景色じゃないっすか!!
お客さんもたまたま少なくって、かなりリラーックス♪
(日本人ハネムーナーと遭遇・・こちらは1人、、フッ。。)

Sfh040031

で、頼んだのはOzujskoというビール。24Kn。
(1Knは約20円なので500円くらいかな)
このビールにはこれから何度も遭遇しますが
飲みやすくてとても美味しいです☆

で、13時。そろそろお昼ごはんということで
ちょっと大きめの通りにあるお店に入りました。

Sp5123891

店の名前が分からんけど、場所はイグナチオ教会から
階段を下りてすぐの右側です。

Sp5123923

で、ココのパスタ、かなり美味しかったです!
シーフードスパゲティとタコサラダ(ともに65Kn)を頼んだのですが
この旅で何度も食べたパスタの中でNo.1でした☆
有名店だからって必ず美味しいってわけじゃないもんね。
この"当たり"は結構嬉しかったです!

Sp5123925

日本人は僕1人だったのですが、あとから日本人観光客の
おっちゃんが2人(なぜかアロハシャツ)が入ってきて
店員の兄ちゃんが「ナカータ、ナカムーラ、ストイコビッチ・ピクシー」って
話しかけてました(^^;おっちゃんも日本語でノリノリ(笑)

で、食事の後はある意味この街での観光のメインである
『城壁歩き』をすることにしました。
この旧市街地は外的から守るための城壁で囲まれており
その上を歩くことが出来るのです。(50Kn)

Sp5123947

約2時間かけてゆっくり歩きましたが、景色は最高!
本当にキレイって言葉しか出てきませんでした☆

Sp5123959


Sp5123970


でも所々に砲撃の後が残ってて、やはり戦争があったのだと
あらためて考えさせられる場面にも遭遇しました。
ま、とにかくドブロヴニクに行かれる方はぜひこの城壁歩きを
してみて下さい♪

Sp5123975

Sp5124037

で、夜ゴハンは昼間から目をつけていたステーキ屋さん『DOMINO』へ。
オススメのステーキ(119Kn)、小さめのデキャンタに入った白ワイン、
エスプレッソとカフェオレで、計209Kn。
そんなに安くないけど、かなり美味しいヒレ肉(たぶん80gくらい)に
大満足でした。
1人でもぜんぜんWelcomeだったので、ぜひこちらもお試し下さい♪
近所の子供たちがかくれんぼをしていたんだけど
オニの女の子がニコニコこっちを見てくるので、ちょっとお話しました。
とってもかわいくて純朴そうで、ずいぶん心が癒されました♪

Sfh040026
(DOMINOとは関係ありません。イメージです↑(^^;)

というわけで、まずは超充実の観光1日目でした~(^^)v
(写真が多くて重かったらゴメンナサイ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.07.03

恋するクロアチア!(出発編)

Sfh040016

さぁ、初日です。
九州から戻って2日後に成田から出発です。

まずはクロアチアという国について、みなさんはどれくらい知ってます?
僕の持ってる印象は次のような感じでした。

・旧ユーゴスラビア。戦争後に独立した。
・サッカーの旧ユーゴ代表にはストイコビッチ(ピクシー)やサビチェビッチがいた。
・サッカー日本代表が対戦した国。ボバンやシューケル選手が有名。
・K-1などで活躍するミルコ・クロコップやシカテックがいる国。
・テニスのイヴァニセビッチの母国。
・マンガ『YAWARA!!』でベオグラード(ユーゴ)の体育館で猪熊柔が世界選手権を戦った。

などなど、スポーツネタ?がほとんど。要するにちゃんとしたことは
ほとんど知らなかったのです。

Sp5123834

で、まずは重要なこと。ヨーロッパのどこにあるのか?
長靴のような形をしたイタリアの『ふくらはぎ』部分の
海を挟んだ反対側にあります。
その海、アドリア海は宮崎駿の『紅の豚』の舞台ですね☆
それだけで海がキレイで陽気な街なんだろうなぁ~って思っちゃいます♪

で、行くルートなんですが、現在日本からクロアチアへの直行便はないので
ヨーロッパの主要都市から乗り換えて行くしかありません。
最初はイタリアのミラノかローマに入って、船でアドリア海を渡って入ろうかと
思ったんだけど、時間がかかるのと、ちゃんと船に乗れるかが心配だったので
結局次のようなルートをとることにしました。

 成田→オーストリア・ウィーン→クロアチア・ドブロヴニク

クロアチアに行くほとんどの方はまず首都・ザグレブに入るみたいですが
今回の旅の最大の目的は『ドブロヴニクに行く!』ってことだったので
とにかく最短で入ることを考えました。

Sfh030014

というわけで、前置きが長くなりましたが、まずはウィーンに向けて出発です!
エアラインはオーストリア航空でした。
で、乗客が外人さんばかりかと思ったら、なんと9割が日本人!
オーストリアはさすがに日本人観光客が多いみたい。ANAとのコードシェアだったし。

Sfh040008

というわけで、約12時間のフライト中、日本のおっちゃん、おばちゃんに囲まれながら
なーんも不安を感じることなく、頻繁に出される食事と飲み物に
腹いっぱいになりながら、無事到着しました♪(現地時間17:00)

Sfh040014

ウィーン国際空港内で約3時間暇をつぶした後、いよいよクロアチア航空
の飛行機への搭乗開始。(1H遅れの19:00)
乗客は全員西洋人。アジア人なんて1人もいません。
「げ、マジ?本当にオレ大丈夫なのか?!?!」
と心配顔の一人旅日本人青年?などおかまいなしにあっさりテイクオフしました☆
で、超絶美人のCAさん達の食事サービスを楽しむ間もなく、約1時間のフライトで
ついに念願のドブロヴニク到着です!!(^^)v

入国審査はいたって簡単。
小さい国際空港(八丈島空港くらい)なのでチェックするボックスは2つしかありませんが
乗客も40人くらいだったのでサクッと入国OKとなり、空港リムジンバスで
ドブロヴニクへ向かうこととしました。
おっとその前に、早速ユーロからクロアチアの通貨『クーナ(Kuna)』へExchange。
85ユーロが578Knになりました☆

Sfh040015

で、バスに揺られること20分。港そばのバスターミナルに到着しました♪
運転手さんにホテルの名前を言ったら、「4番の路線バスに乗るんだよ」と
教えてくれたのに、ターミナルの係りの人いわく、
「バスはここから出てないよ。キミのホテルへはタクシーがベストだ!」
とのこと。いきなりその辺で座って話し込んでるにーちゃんを指さして
「アイツのタクシーに乗ればいいよ」と促されました。
初日から変な目にあうのもイヤだなぁ~と思ったけど
疲れの方が圧倒的に勝っていたので言われたとおり乗ってみると
なかなかイイ兄ちゃんでした♪

Sfh030001_1

というわけで、無事初日の宿泊先である『Hotel ADRIATIC(アドリアティック)』に
到着。明日からの巻き返しに期待です?!
楽しみが広がるばかり☆

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »